vol.40 車いすで段差を乗り越える方法

ポイントは前輪をどうあげるか

車いすは、言わずと知れた「足の不自由な人が移動手段として利用する」ものです。

「バリアフリー」の意味は、時に、車いすの人が通れるよう段差がないフラットな状態と、捉えられていることが一番多いように思いますが、実は、ちょっとした段差(2~3㎝程度)を乗り越えることができます。

車いすには大きく以下の3種類に分けられます。

1.介助用車いす(誰かが押す前提)

2.自走式車いす(乗っている人自身が車輪をこぐ)

3.電動車いす(車輪を電動で動かす)

ポイントは前輪!

ポイントは前輪をどうあげるか。

介助用車いすのステッピングバー

ステッピングバーに足をかけ…

1の誰かが押す前提の介助用の車いすは、後ろに大きな取っ手がついているのが特徴で、

基本的には座面の下の背後についているステッピングバーに介助者が足をのせて体重をかけ、テコの原理で上げる。

前輪を段の上に載せた後は、大きな車輪を段差の際

介助式はステッピングバーに足をかける

ひょいっと持ち上げる!

に押しつけ、腰を背当てにあて、

 

全身で上にぐいっと上げる。

降りる時は、後ろ向きの方が安全です。

 

 

 

2の自走式車いすは、上肢=腕の力が使える人が使うもので、ひょいっと、重心を移動させることで、器用に前輪を上げ、段差を乗り越えます。

車輪を自力で上げている1

体重移動してひょいっ!

 

 

 

 

 

車輪を自力で持ち上げる

前輪あがってます

 

 

 

 

 

 

自走式の車いすを操る人の中で、アスリート並みの筋力を持つ人は、時にエスカレーターに乗っちゃったりもします!

3の電動車いすは、自動車の4輪駆動よろしく、電気の力で前へ進む力を利用してぐいっと乗り越えます。

足が不自由であっても「移動する」という“当たり前”をかなえてくれる道具=車いす。

段差などで困っている様子を見かけたら、まずは、「お手伝いしましょうか?」と、声をかけ、方法が分からなかったら、その人自身に教えてもらえばOK!

気持ちを行動に変えてみてはいかがでしょうか?

2019.9.3

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です