○○は………

ぐいと上げるのは、

「かお(顔)」です。

人は話そうとする気持ちにブレーキが掛かり始めると、伏し目になり、聴衆の顔をどんどん見なくなります。

すると、余計に苦手意識が募り、

結果、話し終わった後に、勝手に「後悔」や「反省」ばかりしてしまうのです。

言葉の合間にでも、顔をぐいとあげて、聴衆を見て下さい。

相手の反応が分かれば、次にどの話をフォローするかが見えてきます。

心に余裕が生まれてきます。

そうなったらしめたものです。

貴方の「話上手」への道が開ける瞬間がそこにあります。

そんな話をするのが好きになる、上手になる基礎を90分でお伝えしています。

↓↓↓

TVディレクターが教える「理想のスピーチ・プレゼン基礎講座」@Zoom

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です